色々なスーパーコンパニオン

スーパーコンパニオンにはどのような女性が在籍しているのか、気になるところかと思います。

ある程度のルックスが伴えば誰でも良い・・と思っている人も少なくないかと思いますが、皆さんそれぞれ好みがありますものね。

もっと大雑把にいえば、若い人たちの宴会にも関らず、かなり年配のコンパニオンたちがきたら、残念に思う人は多いかと思います。

もちろん、中には熟女好きの人だっていることでしょう。

しかし、そうではない人の方がやはり多いかと思います。

実際に、スーパーコンパニオンを呼ぶとなったとき、こちらの要望を伝えることが出来ます。

基本的にスーパーコンパニオンは色々な年代の女性が在籍してますので、20代が良いのなら20代、30代が良いのなら30代、40代が良いのなら40代・・・と希望を伝えることが出来ます。

また、ノリが良く盛り上げが上手なタイプのコンパニオンが良い・・などと言うようなことも伝えることが出来ます。

基本的にはその要望にそったコンパニオンを用意してくれますが、年末年始など予約が殺到しそうな時期には、早くに若い子やいい子は売り切れてしまいますので、早めの予約をお勧めします。

スーパーコンパニオンとバブル

スーパーコンパニオンと言う名前が付いたのは実はそんなに昔ではありません。

昔と言えば昔なのかもしれませんが、ここ数十年前なのです。

スーパーコンパニオンはバブル時期に誕生し、バブル崩壊後くらいに正式に「スーパーコンパニオン」と言う名前が付いたとされています。

バブル時期はお金持ちが多かったので遊びも派手で、コンパニオンを呼んで野球拳のようなことが流行りました。

大金を積まれることにより、コンパニオンのサービスもどんどん過激になりピンク系のジャンルのコンパニオンが生まれたと言えるでしょう。

当然のことながら、その頃のスーパーコンパニオンはとても美味しい思いをしていました。

脱がなくても大金をもらえたり、お車代だけで10万円もらえたり・・。

なんて言うこともよくある話だったのです。

今では考えられません。

そのような美味しい思いをしていたコンパニオンはバブル崩壊とともに、辞めていく人が多かったそうです。

今では、スーパーコンパニオンの価格も当時に比べて劇的に下がりましたし、女性にとっても割の良い仕事だとは言えなくなったかと思います。

当時を知らない女性からしてみれば、そうは感じないかもしれませんが・・。

スーパーコンパニオンが呼ばれる場所

スーパーコンパニオンとは、ピンク系のサービスを行うコンパニオンです。

普通のコンパニオンでしたら、そこの宴会に女性がいても大きく問題があることではありませんが、スーパーコンパニオンだと、その宴会に女性がいると大変ですよね。

ですから、スーパーコンパニオンを呼ぶ場合は、男性だけの宴会の場合がほとんどのようです。

稀に、女性がいる席でスーパーコンパニオンを呼び、まきぞいを食らった・・なんていう話もありますが、それは犯罪として関わってくるので気をつけなければいけません。

スーパーコンパニオンを呼ぶのなら、男性だけの宴会にすることをお勧めします。

スーパーコンパニオンが呼ばれることが多いのは、温泉旅館などです。

その辺のお店の宴会などで呼ばれることは ごくわずかです。

他の客に迷惑がかかりますし、お店自体が禁止していることが多いのです。

温泉旅館やホテルなどでは、他の客の迷惑になることはほとんどありませんし、旅館側がそういったコンパニオン会社と提携しているケースが多くあります。

最初から旅行パックにオプションとして入れることもあります。

特に年末年始などは、予約しないと呼ぶことが出来ないくらいに盛り上がっていると言えるでしょう。