スーパーコンパニオンとバブル

スーパーコンパニオンと言う名前が付いたのは実はそんなに昔ではありません。

昔と言えば昔なのかもしれませんが、ここ数十年前なのです。

スーパーコンパニオンはバブル時期に誕生し、バブル崩壊後くらいに正式に「スーパーコンパニオン」と言う名前が付いたとされています。

バブル時期はお金持ちが多かったので遊びも派手で、コンパニオンを呼んで野球拳のようなことが流行りました。

大金を積まれることにより、コンパニオンのサービスもどんどん過激になりピンク系のジャンルのコンパニオンが生まれたと言えるでしょう。

当然のことながら、その頃のスーパーコンパニオンはとても美味しい思いをしていました。

脱がなくても大金をもらえたり、お車代だけで10万円もらえたり・・。

なんて言うこともよくある話だったのです。

今では考えられません。

そのような美味しい思いをしていたコンパニオンはバブル崩壊とともに、辞めていく人が多かったそうです。

今では、スーパーコンパニオンの価格も当時に比べて劇的に下がりましたし、女性にとっても割の良い仕事だとは言えなくなったかと思います。

当時を知らない女性からしてみれば、そうは感じないかもしれませんが・・。