コンパニオンについて

コンパニオンと聞くと皆さん何を想像しますか?

実際にコンパニオンがいる宴会に参加したことがある人は少なくないのではないでしょうか。

年末年始である、忘年会や新年会の時期などはコンパニオンたちは大忙しだそうです。

会社の飲み会などに呼ばれることが多いようですから、女性社員の皆さんでもコンパニオンがいる宴会に参加したことがある人も少ないでしょう。

女性社員の皆さんはコンパニオンを呼んだと言われると、以外にも「ラッキー」と思う人が多いようです。

それは、コンパニオンに接客してもらえるのが嬉しいのではなく、女性社員が上司などの相手をしなくても良いからと言う意味です。

さて、コンパニオンとはお酒を注いだり、話相手になったり、一緒にカラオケをしたり・・と言うような存在ではありますが、このコンパニオンにもピンク系のコンパニオンが存在するとことは皆さん知っていますか?

ピンク系・・いわゆる、ただの配膳係りとも言える普通のコンパニオンとは違い、過激なサービスを行ってくれるコンパニオンが存在するのです。

話題の宴会の達人で呼べるそのコンパニオンには別の呼び方があり、「スーパーコンパニオン」と呼ばれています。

この過激なスーパーコンパニオンと言う存在、知っている人は知っているかと思いますが、初めて聞く言葉だと思ってた人も結構いるのではないでしょうか。